技術紹介

順送プレス

対応可能範囲

板厚 0.05mm〜5mm(*1)
*1 素材により加工可能厚は変わります。
素材 ステンレス、アルミ、鉄、銅、炭素鋼
加工 抜き、曲げ、深絞り、薄物(最薄0.05mmまで可能)、極小製品

工程

金型設計
金型のレイアウト設計、プレート設計を行う工程です。
如何に材料を無駄にせずに、精度を出して、作業の効率化が出来るか、
この工程がそれらのカギを握っています。CAD/CAMシステムを駆使し
設計から生産まで、一律して機械化が進んだ現在でも、材料の特性、コスト、効率を考慮しながら、プレス位置をデザインするのはやはり 長年の経験と蓄積されたノウハウ に頼るしかありません。
金型製作
設計が終わったら金型製作になります。CAD/CAMシステムの連携により、杉山ではオークマ製マシニングセンターをはじめとした各種NC加工機が揃っており、高精度な金型が製作出来る環境にあります。
プレス工程
同じ順送プレス加工でも、材料や、加工精度、スピードなどによって加工に使用するプレス機は異ってきます。
杉山ではお客様のどんなご要望にもお答え出来るよう、プレス圧110t迄対応が可能なAIDA製のサーボプレスから、山田ドビー製のNXT-25I高速プレス機など、各種プレス機を取り揃えております。
[製造される製品]
その他の実績はこちら
検査工程
素早く、安く製品が出来ても、品質に問題があっては製品として意味がありません。
厳密な検査を経て、杉山の製品はお客様の元へ届けられます。
ページトップへ